酒器 ここのえ

2013.03.11  酒の器

創業175年目に当たる節目、フランス・パリにて展覧会を開催し、新作を発表いたしました。四日間に渡ってご紹介いたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

第三日目。

今日は、錫の酒器をご紹介させて頂きます。

「ここのえ」

この言葉には、“物が幾重にも重なった”そして

“都”という意味があります。

京都という都に、175年前、錫師として根を下した清課堂。

そして、今回の展覧会の地、PARIS。

PARIS・京都、この二つの都は、長い長い時の中で

様々な文化が交わり、その中で幾重にも重なったものが

伝統や技術となり、現在の私達に繋がっている。

この酒器に、「ここのえ」と名付けたのはそんな思いから。

そして、それぞれの文化を育んできた二つの都。

二つの文化のエッセンスを清課堂というフィルターにかけ

従来とは少し違うニュアンスの酒器が生まれました。

 

酒器 ここのえ (※ sold out こちらの製品は完売いたしました。)

銚子
・サイズ:約14.5cm×9cm×h12cm
・容量:約1.5合(約270cc)

ぐい呑み
・サイズ:約口径4.3cm×h4cm
・容量:約30cc

※ 酒器ここのえ(セット)、ここのえ銚子(単品)、ここのえぐい呑み(単品)共に完売致しました。

(staff nakano)

 

第四日目のご紹介はこちら「銀湯沸しの茶籠

 

関連するご案内

175年・・・そして、これからへと
三足の蛙 香炉 / Three-legged Incense Burner
阿吽の虎 阿形 香炉 / A-hum Tiger Agyo Incense burner
酒器 ここのえ
銀湯沸しの茶籠

 

ここのえシリーズのご案内

錫のゴブレットでキリッ!と冷えた白ワインを / Pewter Goblet
しっくり手に馴染む錫のビアカップ / Pewter Beer Cup

 

お買い求めについて

清課堂の酒器は、オンラインストア「酒の器」からもご購入いただけます。

清課堂オンラインストアでは、この他各種新作も取扱いしております。