修理について

清課堂では、自社他社製問わず金属工芸品の修理を承っております。日々作り続けているもの、オーダーメイド品の他にも、傷んだ金属工芸品の修理も私どもの大切な仕事です。物理的な可否はございますが、まずは私どもにご相談ください。

※ 現在、鍍金(メッキ)を施された品の修理は対応しておりません。

(日々のお手入れについては「金属工芸品のお手入れ」を参考にしていただければと思います。)

 

■修理ご依頼の流れ

1. 修理に関する「お客様確認事項」をご確認ください。

2. 修理品を店頭へお持ち込みいただくか、しっかりと養生のうえ宅急便などでご送付ください。

※ お電話、メール、お写真では修理の可否のお返事、お見積り出来かねますのでどうかご容赦ください。

3. 細かな検品を行い、修繕の内容、期間、費用をお見積りします。

修理品の製法、構造、素材の種類、破損部の組織的状態、薬剤/顔料使用の有無、破損箇所によって、修理の可否や修理工法が大きく変わります。現物をじっくり拝見したうえで、修理金額、納期など追ってご連絡させていただきます。

4. お見積りをご確認いただいた上、修理に取り掛かります。修理の後、店頭または宅急便にてお客様にご返却いたします。

 

【修理に関する免責事項および、お客様確認事項】

  • お客様からお預かりしたご依頼品を分解し修理いたします。
  • 破損状況、素材によっては修理ができない場合や、修理依頼箇所以外に不具合が発生する場合がございますが、そのような場合でも当方には一切の責任がないものとさせていただきます。(※現在、鍍金を施された品の修理は対応しておりません)
  • 輸送時の故障・紛失に対して当方は一切の責任を負いかねます。
  • 送付の際、お客様のご連絡先はできるだけ詳しくお伝えください。作業をすすめる上でお見積もり以外の作業が必要になった場合、お客様の意思確認のご連絡をさせていただき、追加作業内容および追加費用をご説明の上で作業を進めさせていただきます。
  • 修理不能と判断された場合でも、返却の際の送料はご負担いただきます。

以上、ご了承くださいますようお願いいたします。

 

清課堂 錫・銀・各種金属工芸

電話: 075-231-3661(受付時間は営業時間内となります)/ お問い合わせ

住所: 〒604-0932 京都市中京区寺町通二条下る妙満寺前町462
営業時間: 10:00-18:00 / 定休日: 無し(12月31日大晦日と1月1日~3日の正月3が日を除く)

 

■これまでの修理例

これまで清課堂にて行った金属工芸品の修理から代表的なものをご紹介いたします。

矢立金具 蝶番の新調

矢立金具 蝶番の新調

 

ちろりの取っ手 付け替えお直し

ちろりの取っ手 付け替えお直し

 

青銅花器 水漏れ修理

青銅花器 水漏れ修理

 

取っ手 籐の巻き直し

取っ手 籐の巻き直し

 

淨益 菊割建水 お色直し

淨益 菊割建水 お色直し

 

温故知新 和装小物の復元

温故知新 和装小物の復元

 

■金属工芸品の再生

金属工芸品を復元・修理するだけでなく、そのモノが寿命を全うしたり、使われない状態であっても、新しい用途を与えることで継続してご使用いただけることを「価値」とする活動を行っております。

モノにいのちを吹き込む

モノにいのちを吹き込む / It was reborn as a wine cooler.