加藤貢介

大学時代に初めて鉄に触れ、その魅力を追求すべく研究を行う中で「鍛接 たんせつ」という鉄特有の接合技術に注目し、数種の鉄とニッケルを幾重にも折り返し、練り込み、積層させることで模様を得る「ダマスカス」を扱うようになる。

ヴィラ九条山短期滞在研究レポート

詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせ