帯留め金具の製作

2006.04.01  装い

帯留め(おびどめ)といえば銀、象牙製のものが主ですが、稀に陶磁器やガラス製のものもございます。

帯締めに留めるための金具は、強度や見た目から金属製でなければなりません。量産品やおみやげ物など安い帯留めには、真鍮もしくは鉄で出来た金具が接着剤で貼り付けてあります。良質の帯留めには必ず銀の金具がついています。

帯留め裏
写真は清水の著名な磁器作家、紅村先生の作。白桃をモチーフにした帯留めです。もともと歪(いびつ)な形状ではございますが、窪みにあわせ銀製の金具を成形、ぴったりとしっかりと噛み合わせ固定します。

(清課堂工房より)