葉秀薇

葉秀薇(イェ ショウ ウェイ / Yeh Hsiuwei )は現代の金工家であり、2013年以降、「銅編みオブジェ」をテーマに実験的な取り組みを続けている。

これは線によって実体を構築しようという試みである。「銅編みオブジェ」は伊丹国際クラフト展「ジュエリー」、またTRIPLE PARADE Biennial 2018 Exhibitionにおいて入選。彼女は金属線の特性を利用して、さまざまなアート・オブジェを創造する。主に銅線で構築されている「銅編みオブジェ」において、そのコンセプトは形状を通じて見る者により再解釈される。自らを金工創作者と称する彼女は銀製のアクセサリーも幅広く制作している。金、銀そして銅を用いてユニークな質感を備えたお茶の道具を提案し、日常的なオブジェによって美しい風景を創りだしている。

詳しくはお問い合わせください。
お問い合わせ 

略歴

1976 台湾・台中市に生まれる
1999 実践大学工業デザイン学科卒業(台北市、台湾)
2003 国立雲林科技大学修士課程修了Master of Arts(文学修士号)取得(雲林県、台湾)
2003-
2010
台北で工業デザイナーとして活躍
2011 アートスタジオ・フジスクール、ジュエリーメイキング部門卒業、
学位取得 (フィレンツェ、イタリア)
2013
現在
WEii JEWELのブランドオーナー

受賞歴

2011 iFデザイン賞(WiGO 2)入選(ドイツ)
2013 伊丹国際クラフト展「ジュエリー」入選(日本)
2018 TRIPLE PARADE Biennial 2018 Exhibition入選(上海市、中国)

展覧会

2011 The final achievement is opened up(フィレンツェ、イタリア)
2011-
2013
中国・台湾交流厦門市文化産業展(厦門市、中国)
2012 台湾デザイナーズウィーク3×3 Design Show
2014 Intermix Factory exhibition(台北市、台湾)
2017 第11回杭州市文化クリエイティブ産業展

個展

2018 ギャラリー WEii JEWEL / NTCRI(台北市、台湾)