Patricia Castilloによる酒のうつわ “VIDA MIA”

2018.04.01  酒の器

(English follows Japanese)

JICA – 国際協力機構https://www.jica.go.jp/)の戦略的グローバル・パートナーシップ研修計画として日本と各国の国際交流が行われていますが、例年「日本のデザインと伝統技術」を研究するプログラムに各国で活躍するデザイナーが京都を訪れ滞在研究が続いています。清課堂では2016年、2017年と2年に渡ってメキシコのデザイナーと共同研究・製作に取り組みました。2016年はデザインスタジオFOAMディレクター兼デザイナーのOmar Ramos(オマール・ラモス)と錫の酒器セット “TOTEM” を製作、同年の東京デザインウィークにて発表しました。2017年はPatrica Castillo(パトリシア・カスティーヨ )と同じく錫の酒器セット “VIDA MIA” (日本語訳:私の人生)を製作しました。今回のCastilloデザインの酒器は、たまたま清課堂のもつ錫の鍛造技術とうまく重なり合い、とんとん拍子に商品化~発表につながりました。満を期してここに個数限定にて受注販売を開始します。

Japan International Cooperation Agency ( JICA )https://www.jica.go.jp/)has pursued international exchange initiatives between Japan and other countries as its Strategic and Global Partnership Training Program, and each year designers who are active around the world visit Kyoto to attend a program of studying  “Japanese design and traditional technique”. Seikado has collaborated with Mexican designers for two consecutive years in 2016 and 2017. In 2016, we collaborated with Omar Ramos, a director and designer of the design studio FOAM, to produce a tin sake drinking set  “TOTEM” and presented it at Tokyo Design Week of the same year. In 2017, we also collaborated with Patricia Castillo to produce a tin sake drinking set  “VIDA MIA” ( “MY LIFE” in English) as well. Fortunately, this sake drinking set designed by Castillo was swimmingly commercialized and presented, overlapping the hammering technique of Seikado. We are highly motivated to start sales on orders of ”VIDA MIA” with the limited amount you can buy.

 

デザイナー / DESIGNER

Patrica Castillo(パトリシア・カスティーヨ )

メキシコの工業デザイナー。 デザインの経験とデザインにおける思考に情熱を注いでいるPatricia Castillo(以下パトリシア)は、プロジェクトの文化的背景や物理的属性を重視したコンセプトを作るために、彼女の好奇心と論理を創造的プロセスに繋げています。
2017年、京都工芸繊維大学の日本デザインに関する研究を修了し、日本の職人やデザインスタジオとの共同作業の機会を得ました。
デザイナーとして、パトリシアは国連協会、FERRERO Group、GK Kyotoに勤務しています。 仕事以外では彼女は母校のである大学 “Universidad Autónomade de Querétaro (http://www.uaq.mx/)” のデザインコンサルタントとして働いています。

She is a Mexican Industrial Designer. Passionate about having extensive experience with and thinking out design, Patricia Castillo (hereafter referred to as Patricia) makes her curiosity and logic lead to a creative process to realize a concept which emphasizes a cultural background and a physical attribute of the project.
Recently, she completed a study on Japanese design at Kyoto Institute of Technology, where she had had an opportunity to collaborate with Japanese artisans and design studios around Japan.
While Patricia, as a designer, currently works for the UN Association, the Ferrero Group, and GK Kyoto, she works as a design consultant of her alma mater the Universidad Autónoma de Querétaro ( http://www.uaq.mx/ ).

 

プロジェクト / PROJECT

酒器セット “VIDA MIA”は、日本の複雑さに対するデザイナーの解釈であり、バランスのとれた生活様式のシンプルさをカバーしています。 “Ikigai” の哲学は、より良い生活を送るためには、そのさまざまな側面に平衡を見出す必要があると説明しています。 私たちの背景、起源、または文化にもかかわらず、私たちは人生のいろいろな時を特別なドリンク(この場合は日本酒)で共有し、祝います。
SET OF SAKEコンポーネントは、ユーザーのより直感的で快適な感じを保つための直感と好みに応じて、お茶を飲む経験が異なる不定形の”Ikigai” の主要な側面を象徴しています。 儀式。
Seikadoの伝統的なテクニックと独特のデザインミックスは、それぞれの分野の新しいアプローチを発見するために、職人とデザイナーのコラボレーションに挑戦します。SAKEのセットは、人生そのもののように、有機的で遊び心があります。

The sake drinking set “VIDA MIA” is the designer’s interpretation of Japan’s complexity, which represents the simplicity of a balanced lifestyle. A philosophy of Ikigai explains that we need to find equilibrium in everyday situations to live a better life. For this reason, we share and celebrate different moments of life with a special drink (sake here), though our cultural background, roots, and culture are different.
In doing so, “VIDA MIA” enables us to have an unique experience while we drink sake, either because of the nice material’s texture, or because of the irregular shapes. In fact, we can hold the cup in a way we feel most comfortable and can experience a very unique and personal ritual different from everyone else’s.
As for the production of the sake drinking set “VIDA MIA”, the unusual design was mixed with the traditional technique of Seikado through the challenging collaboration between the artisan and the designer, which led to finding a new approach to work for each other. This demonstrates that “VIDA MIA” is meant to be an organic and playful work, just like our life itself.

 

 

わざ / Techniques

素材は、金属工芸の老舗清課堂の最も得意とするもののひとつ、銀を添加した特殊な飲食器用の錫合金地金。これは、清潔感のある白みが強く、比較的硬く耐久性に優れ、腐食や錆びにつよい清課堂独自のものです。安価で量産に向いた鋳造では出すことの出来ない、細やかで淡い光沢のある肌を鍛造によってつけています。見た目の美しさはもとより、その肌合いは手触りにもあります。まるで石のようなごつごつとした凹凸や、砂のようなきめの細かい肌、きらきらと煌めく光沢のある肌は手のひらに吸い付くような滑らかさを持っています。この酒器セットには3つの盃が組み込まれていますが、3つの盃はそれぞれ違った錫の肌をしています。美しく手になじむ形とそのもつ肌の違いもお楽しみ下さい。

“VIDA MIA” is made of a tin alloy bullion for special drinking cups or dishes adding silver, which is one of the greatest successes of Seikado the old established metal crafts shop. This material is clean, whitish, relatively hard, durable, and resistant to corrosion, which is only seen in our studio. Forging enables this drinking set to have the fine, faint, and shiny surfaces which are inexpensive, suited to mass production, and incapable of creating by casting. The texture as well as beauty in the appearance feels nice. The stony lumpy surfaces, the sandy fine-textured ones, and the brilliant shiny ones have suppleness to the skin. While this drinking set includes the three sake cups, these ones have a different tin surface. We hope you will enjoy the differences of their texture and their beautiful shapes which fit comfortably in your hand.

 

Original Concept Design 1

Original Concept Design 2

 

錫 酒器セット VIDA MIA
Sake set “VIDA MIA”

価格:80,000円(税抜・excluding tax)
サイズ:
・ピッチャー / Pitcher : w80×d78×h155(mm)、
・カップ / Cup(正面 / Center)w78×d52×h50(mm)、カップ / Cup(左右 / Right, Left side)w72×d52×h50(mm)
限定数:
18セット / Limited 18 set

納期:ご入金確認後、およそ1ヶ月半後のお渡しとなります。
Your order will be completed approx, 45 days from order.

 

お買い求めについて

京都寺町二条の店舗の他、オンラインストアからもご購入いただけます。

錫 酒器セット VIDA MIA

清課堂オンラインストアでは、この他各種新作も取扱いしております。